初めて酸素を作った生き物

Posted by admin on 2011年12月18日 in その他, 先カンブリア時代 |

皆さん、地球がつくられた当初は、まだ酸素がなかったということをご存知ですか?
地球上に酸素ができたのは、今のところ27億年前だといわれています。
ではどこから酸素はきたのか?

それはシアノバクテリアという細菌です。
え?細菌が酸素を作ったの?と思われるかもしれませんが、そうなのです。

地球上にまだ酸素がなかった頃、このシアノバクテリアという細菌は、
光合成をして酸素を生み出すといった大仕事をしてくれました。
シアノバクテリアが大量に酸素を発生してくれからこそ、
今の地球があるといっても過言ではありません。

ストロマトライトという化石を知っていますか?
いくつも層になった模様が特徴的な岩石の化石です。
ストロマトライトは、シアノバクテリアが光合成をした証の化石です。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.