珪化木と石炭の違い

Posted by admin on 2012年2月13日 in 人物・植物, 古生代 |

珪化木と石炭の違いは何でしょう?

珪化木(Petrified wood )

どちらも植物化石なのですが、用途と最終形態があまりに異なります。
シンプルに言うと、木の細胞の中に主にケイ素が満たされたら珪化木、
主に炭素が満たされたら石炭ということになります。

厄介なのは、半々くらいで化石化した半人前もいるということです。
要は、石炭になりそうだったのに、ケイ素も多く、結晶化が進んでカチカチに硬くなってしまった…。
そんな植物化石が多く存在するということです。

石炭を発掘する現場で、珪化木が相当数見つかるのはよくあることのようで、
珪化木は硬いことから発掘のさまたげになり、炭鉱者を悩ます原因になっているようです。

そのような理由から、珪化木のことを、「石炭に成り損ねた木」なんて呼ばれることもあります。
珪化木からすると、何ともショックなネーミングです。
産業的価値からすると、石炭のほうが優位なのかもしれませんが。

炭鉱所の傍らには、鑑賞用には適さず、石炭になることも許されなかった
珪化木のかけらたちが積まれている現実もあるようです。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.