貴重!石鉄隕石(stony‐ironmeteorite)

Posted by admin on 2012年6月14日 in その他 |

全隕石の約1%とたいへん少なく貴重な隕石が、石鉄隕石(stony-ironmeteorite)です。

 

石鉄隕石(stony-ironmeteorite)は、ほぼ同じ量の「鉄‐ニッケル」の合金と

珪酸塩鉱物から構成されています。

 

石鉄隕石は、主にパラサイト(pallasite)とと呼ばれるものと

メソシデライト(mesosiderite)と呼ばれる2つに分類されます。

 

パラサイトは、かんらん石(珪酸塩鉱物)と鉄ーニッケルの合金からなります。

1772年、ドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス(Peter Simon Pallas)が

珍しい石(当時は隕石とは知られていなかった石=パラサイト)を採取しました。

 

その後、同じ組成構造の岩石がみつかり始め、その石はパラスの名前をとって

パラサイトと名付けられたのです。

 

メソシデライトは、輝石・斜長石など、異なる鉱物(珪酸塩鉱物)と鉄‐ニッケルの合金から

構成されています。

 

語源は、古代ギリシャ語の「中間」を意味するmesoに「隕鉄」を意味する

sideriteをつけたものです。

 

石鉄隕石は、太陽形成後にできた惑星が、衝突などで破壊されたものと考えられています。

 

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.