あの有名人が発見!ドミニカ産琥珀

Posted by admin on 2012年3月25日 in 人物・植物, 新生代 |

カリブ海に浮かぶ西インド諸島の中に、グレート・アンチル諸島という島々があります。
この中の1つにエスパニョーラ島という、世界の島の中で23番目に大きい島があります。
この島の2/3の面積がドミニカ共和国です。

ドミニカ共和国はヨーロッパのバルティック琥珀とならび、世界でも有数の琥珀産地です
。ドミニカの琥珀を最初に発見した人物をご存知でしょうか?

それは、クリストファー・コロンブスです。

琥珀を発見したクリストファー・コロンブス

コロンブスといえばあの大航海時代の探検家で、はじめてアメリカ大陸を発見した人物として有名です。

彼がこの島に降り立ったのは、今から500年以上前の1492年です。
それから月日は流れ、ドミニカ産の琥珀が世界的に注目を浴びるようになったのは、1960年頃のことでした。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.