木の化石「珪化木(けいかぼく」

Posted by admin on 2012年2月9日 in 人物・植物, 古生代 |

珪化木は、植物が石化した一形態を指しています。
珪化木の「珪」は、ケイ酸の「珪」。ケイ酸(SiO2)とはケイ素と酸素、
そして水素の化合物の総称です。

ブラジル産ペルム紀の珪化木

ケイ酸は土の成分の60~80%を占める成分なのですが、
あまり名前になじみがないかもしれません。
ですがケイ酸は、地球上のあらゆる生物の細胞に入っている物質です。
それは人間も然りです。

さて、珪化木はどうやってできるかご存知でしょうか?
答えは次の通りです。

古代に生えていた木が、火山や天変地異、その他さまざまな理由で土砂に埋もれたとします。
そして地層から圧縮を受けます。
そこへケイ酸を含んだ地下水が、徐々に木の細胞の中を満たしていくのです。

長い期間を経て、木の中身は、二酸化ケイ素という物質に置き換わっていきます。
二酸化「ケイ」素に変「化」した「木」。だから、珪化木と言う名前なのです。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.