三葉虫はどんな生き物?

Posted by admin on 2012年1月13日 in 三葉虫 |

三葉虫はカンブリア紀からペルム紀の間に生息した古生代を代表する海の生き物です。

複眼とトゲが特徴のドロトプス・アルマータス(Drotops Armartus)

ペルム紀の大量絶滅の時期に、海に住む他の無脊椎動物と同様絶滅してしまいましたが、それまで
節足動物の代表格として、約3億年間もの間、世界中の海にさまざまな種へ進化しながら生息していました。

三葉虫の化石ファンは多く、生物の進化の話をする上でも欠かせない重要な生き物として知られています。
三葉虫はその形が魅力的な生き物として人気です。
そして、とにかく多くの種類がいたと言われています。

その数、実は三葉虫にかなり詳しい研究者でも正確な数は把握できていないそうで、
分かっている限りで数万種といわれています。
数十種ではなく数“万”種です。

これほどの大グループを形成する動物は、化石で見つかった古生物の中では群を抜いています。
まだ解明されてない種が多く、今後、誰がどこで新種を発見するかわからないロマン溢れる生き物です。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.