モリソン層(MorrisonFormation)

Posted by admin on 2012年6月4日 in その他 |

・モリソンとはアメリカ・コロラド州の地名です。
・ロッキー山脈東部、コロラド州を中心に後期ジュラ紀
(約1億5000万年前)に堆積した地層が広がっています。

ティラノサウルス

・体長が約30mのアパトサウルスやスーパーサウルスなど
巨大恐竜の化石が多数みつかっています。

アロサウルス 

・生痕化石である鳥脚類の卵殻や、草食恐竜の糞石や
いろいろな足跡なども発見されています。

・竜脚類の皮膚印象が残された化石もみつかっています。

・モリソン層の恐竜発見はアメリカの古生物学者に
「骨戦争」とよばれ言い伝えられています。

「骨戦争」とは2人の古生物学者コープとマーシュの恐竜化石発見競争のことです。

骨戦争!マーシュが発表したトリケラトプス

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.