世界の化石産地【ホルツマーデン頁岩(Holzmaden Shale)】

Posted by admin on 2012年6月4日 in その他 |

・南ドイツ、バイエルン地方の小さな村に位置します。
・ジュラ紀前期(約1億8000万年前)の地層です。

・ジュラ紀の層は下の層から黒色(黒ジュラとよばれる一番古い層、
褐色、白色(白ジュラ)の三層からなります。

・ホルツマーデンはその昔、海底盆地だったと考えられ
水の流れがなかった為、酸素不足の環境が、生物の遺骨が分解されず
保存状態のよい化石が見つかっています。

・脊椎動物の完全な骨格が産出されることで有名な場所で、魚竜、
ワニ、ウミユリ、アンモナイトなど様々な良質化石がみつかっています。

ユリのようにみえるのでウミユリとよばれる

・魚竜は、お腹に赤ちゃんのいる化石や子供の化石も見つかっていて、
この場所が繁殖地で周期的に回遊してたのではと考えられています。
(魚竜はイルカのような形をした海棲爬虫類です)

進化した魚竜イクチオサウルス

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.