世界の化石産地【ベルニサール炭鉱】

Posted by admin on 2012年6月1日 in その他 |

・ベルギーのエノー州、約1億2000万年前(白亜紀前期)の地層
・1878年、石炭層を採掘していた炭坑夫たちが30体以上の
イグアノドンの完全な全身骨格化石を発見しました。

・現在、この化石はベルギー王立自然史博物館に展示されています。

・この発見により、イクアノドンの復元についての研究が大きく進み、
鼻の角とされていたのものが、前肢の親指のスパイク状の骨であることが判明しました。

また歩行が、4足歩行→2足歩行→4足歩行に復元されました。
これは前肢の5本指のうち真ん中の3本が手の甲側に曲がる
特殊な関節をもっていて歩行に使われたと考えられたためです。

今は通常4足歩行で、体重の軽い若いイクアノドンや急ぐ時などは
2足歩行をしていたのだろうとされています。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.