バルティック琥珀は何色!?

Posted by admin on 2012年5月29日 in その他 |

琥珀は産地によって、年代によって、また周囲の土壌環境などによって
さまざまな色を我々に見せてくれます。

美しいバルティック琥珀の色

バルティック琥珀は、色に関して種類が様々です。
まず採れたての産出直後は黄色からオレンジ色に近い色をしています。

濁っているものもあれば、透き通っているものもあります。
虫が見られるのは、大抵、透き通っている琥珀のほうです。

琥珀が海の水や酸素に触れ続けるとどうなるでしょうか?
透明な琥珀は酸化して色が変化してきます。

大抵、赤色やオレンジ色といってもかなり暗い色に変わります。
そして、ひび割れが琥珀にあらわれてきます。

濁った琥珀のなかに、白く見える部分があります。
これは、気泡がたくさん集まってできた模様です。
まるで骨のように見えることから「骨」のような琥珀として
バルティック琥珀の種類として知られています。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.