古生代に生きた生物は恐竜!?

Posted by admin on 2012年5月2日 in 恐竜 |

恐竜というと、一般的に古生代に生きた生物たちをまとめてさしている
ような理解が多くされているようですが、実際には違います。

恐竜の定義は「直立歩行する爬虫類」です。
そして陸上で生活する動物であることが恐竜を定義する大きな特徴です。

直立歩行するというのは、哺乳類ように足を真下に立てて歩くことを意味していて、骨の構造が関係します。
恐竜図鑑などでは海生爬虫類や翼竜も恐竜と一緒に紹介されている例が多く、読み手はときどきそれら
全部をまとめて「恐竜」だと認識しがちなのですが、本でもしっかり分類されているよう実は異なります。

いずれにせよ、古代に生きた彼らが魅力的な生き物であることには違いありません。
世界には未解明の恐竜たちがまだ多くいるとされています。
これからもっと多くの古代事実が私たちの知るところとなりそうです。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.