「示相化石」「示準化石」はどう違う?

Posted by admin on 2011年12月15日 in その他, 三葉虫 |

みなさん、理科の教科書などで「示相化石」「示準化石」という単語を耳にしたことがありませんか?
さて、名前がよく似ていますがこの2つは一体何が違うのか説明できますか?
化石のことに詳しくなるには、ぜひ理解してもらいたい言葉です。

たとえばあなたがある地層を熱心に発掘しているとします。
そこでたとえばサンゴの化石が見つかったとすれば、そこは昔海であった地層だと予想できますね。
しかも、温かい環境だということも。
このように、どんな地層だったのか、当時の環境がわかる化石のことを「示相化石」といいます。

一方、ある特定の化石が、発掘した地層から出てくれば、
その地層の時代が特定できるという化石を「示準化石」といいます。

たとえばあなたが三葉虫を発掘したとします。
三葉虫は古生代という時代区分のカンブリア紀からペルム紀にかけて生息していたので、
少なくとも、あなたが発掘した地層はカンブリア紀からペルム紀だということがわかります。
三葉虫の種がわかれば、もっと時代を狭めて特定できますよね。

このように、示相化石や示準化石は地層を特定するときに役立つというわけです。
示相化石や示準化石になるには、ある程度決まった時代や場所に、
集中して繁栄していなければ参考にならないので、アンモナイトや三葉虫など、
化石としてたくさん種類があるもの、要は有名なものが示相化石か示準化石となるというわけです。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.