「筆石」

Posted by admin on 2012年2月25日 in 古生代 |

筆石(Graptolithina)を知っていますか?
学名の『Graptolithina』はギリシャ語で「書くもの」を意味する
『graptos』と「岩」を意味する『lithos』から付けられました。

でも石や岩ではありません。
その名のとおり筆で書いたかのような形をしてはいましたが、動物群の一種なのです。
では何故、「岩」を意味する言葉がつけられたのでしょうか?

それは発見当初、石の一形態として考えられていたためだそうです。
筆石はカンブリア紀中期から石炭紀前期に世界各地の海で生息した半索動物門で、
サンゴの様にひとつの骨格に個虫とよばれる小さな生き物が集まってできた生命体です。
この骨格はコラーゲンでできています。

絶滅するまで多くの種が存在し浮遊生活するものと海底生活するものがいました。
個々の種の存在期間はとても短かったので、地質時代を知るのに使用され
古生代の示準化石として重視されています。

私たち人間を含む脊椎動は、ウニやヒトデなどの棘皮動物から
脊髄の原形をもつホヤなどの脊索動物を経て脊髄動物に進化したと考えられています。

筆石が属する半索動物は、棘皮動物と脊索動物のそれぞれの共通点をもっていて
両者をつなぐ存在として注目されているのです。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.