パワーストーンとしても人気の珪化木

Posted by admin on 2012年2月10日 in 人物・植物, 古生代 |

珪化木は、古代の木が二酸化ケイ素という物質に置き換わって結晶化し、化石となったものです。

表面がポリッシュされた美しい珪化木

二酸化ケイ素は結晶化すると「石英(せきえい)」という物質に変わります。
石英は六角形の形をした白い色の結晶を形作りますが、白色だけでなく、
黒や紫、時には黄色といった色も出てくるのが特徴です。

石英の黄色や黒色も鑑賞できる珪化木特に、石英の中でも無色透明なものは
「水晶」と名前がつき、パワーストーンとして大変人気があります。

石英は4月の誕生石でもあり、「神秘、完璧、冷静」といった意味をもっています。
細胞が、美しく神秘的な物質で満たされた木が「珪化木」とも言えます。

Copyright © 2011-2019 よくわかる!「古生物・恐竜・化石」塾 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.